冬の道路を安全に走行

タイヤ

鋲のないタイヤ

自動車の部品の中でもタイヤは特に大切な役割を果たしています。冬は雪が積もる事や、道路が凍結するなどの変化もあるため、安全に走行するためにタイヤを夏タイヤからスタッドレスタイヤに変更する人も多くなっています。スタッドレスタイヤはその名前の通り鋲のないタイヤのことを指します。かつては雪道での滑りを防ぐために金属の鋲がついたスパイクタイヤが人気でしたが、鋲が道路を削り、アスファルトが空気中に待ってしまう粉塵公害が問題になったことから、スパイクタイヤにかわり、鋲がなくても雪道を安全に走行できるスタッドレスタイヤが開発されました。スタッドレスタイヤは普通のタイヤより溝が深く作られていますので溝が雪を噛み滑りにくくなっています。さらに、凍った路面は凸凹になっていますが、凸凹になった路面にもしっかりと密着できるよう、低温でも柔軟さを保てる柔らかいゴムが使われています。さらにタイヤと氷の間の水分を取り除く除水性能にも優れているなど様々な工夫が行われています。それゆえ、冬の道路を安全に走るためにもタイヤの交換は考えておきたいですが、このときも4輪ともすべて交換することが大事です。駆動輪だけを取り換えてしまうとせっかくの滑り止め効果が十分に得られないばかりではなく、夏用タイヤとは摩擦力の差もありますので、走行が不安定になってしまうこともあります。それゆえ、交換するときはすべてのタイヤをスタッドレスタイヤに変えておきましょう。

おすすめ記事一覧

タイヤ

冬の道路を安全に走行

タイヤは自動車ではとても大事な部品となりますが特にスタッドレスタイヤは冬場に活躍してくれるタイヤです。雪道や凍結した道路を安全に走行するのに役立タイヤです。良い効果を得るためにも交換の際は4輪ともすべて交換することも大切です。

詳しく見る

雪道

ゴムが固くなったら

見た目は問題なくても、効果が無くなるスタッドレスタイヤ。数年で信じられなくなる位食いつきが悪くなるのは、スタッドレスタイヤの山がなくなったのではなく、経年劣化で硬くなっってしまった事が原因の可能性が高い。

詳しく見る

男性

雪道でも安心

雪が降る地域ではスタッドレスタイヤが必須になっています。交通規制が掛かり、ノーマルタイヤでは通行出来ないからです。ノーマルタイヤよりも使える期間が短いことはデメリットですが、命を守るためには欠かせない存在です。

詳しく見る

玩具の車

雪道で滑らないために

少しでも雪が降る地域に住んでいるのなら、安全のために冬がきたらスタッドレスタイヤを装着しましょう。各メーカーが独自の技術でスタッドレスタイヤを作っているため、雪国に住んでいる方の意見を参考にして評判の良いものを購入することをオススメします。

詳しく見る