冬には冬用タイヤを

タイヤ

早めに用意しておく

滑りやすい雪道を安全に走行するためには、スタッドレスタイヤに交換するのが効果的です。スタッドレスタイヤは通常のタイヤよりも軟らかく、深い溝が刻まれており、圧力で雪を融かす構造になっています。また日本製のスタッドレスタイヤのゴムには吸水性があり、融けた雪が膜になって滑るのを防ぐ効果があります。このような働きにより、シャーベット状になった舗装道路でも、しっかりと路面を掴むことが可能になります。スタッドレスタイヤの価格はメーカーによってもサイズによっても異なりますが、普通乗用車の場合は1本あたり6000円〜9000円程度が相場です。これに1本あたり1000円〜3000円程度の工賃が加わります。通常は4本ともまとめて交換するので、トータルで3〜4万円ほどかかることになります。決して安くはない買い物ですが、安全性能の高さを考えれば妥当な費用と言えます。なおスタッドレスタイヤの寿命は3〜4年程度とされています。スタッドレスタイヤには大幅な値引きはないと言われていますが、型落ちの在庫品があれば安く購入できることもあります。交換の時期は雪が降り出す前が適当で、一般には10月〜11月頃に交換することが多くなっています。あまり遅くなると在庫がなくなることもあるため、なるべく早めに手を打つことが大切です。シーズンになればカーショップなどでキャンペーンが実施されるので、それを利用するのもひとつの方法です。

おすすめ記事一覧

タイヤ

冬の道路を安全に走行

タイヤは自動車ではとても大事な部品となりますが特にスタッドレスタイヤは冬場に活躍してくれるタイヤです。雪道や凍結した道路を安全に走行するのに役立タイヤです。良い効果を得るためにも交換の際は4輪ともすべて交換することも大切です。

詳しく見る

雪道

ゴムが固くなったら

見た目は問題なくても、効果が無くなるスタッドレスタイヤ。数年で信じられなくなる位食いつきが悪くなるのは、スタッドレスタイヤの山がなくなったのではなく、経年劣化で硬くなっってしまった事が原因の可能性が高い。

詳しく見る

男性

雪道でも安心

雪が降る地域ではスタッドレスタイヤが必須になっています。交通規制が掛かり、ノーマルタイヤでは通行出来ないからです。ノーマルタイヤよりも使える期間が短いことはデメリットですが、命を守るためには欠かせない存在です。

詳しく見る

玩具の車

雪道で滑らないために

少しでも雪が降る地域に住んでいるのなら、安全のために冬がきたらスタッドレスタイヤを装着しましょう。各メーカーが独自の技術でスタッドレスタイヤを作っているため、雪国に住んでいる方の意見を参考にして評判の良いものを購入することをオススメします。

詳しく見る