ゴムが固くなったら

雪道

適切な温度

夏用タイヤで道路を走っている時、タイヤの山が無くなると、それがスリップの原因となります。特に雨が降っていて濡れている路面では排水効果が無くなりますので、スリップサインに気をつけて、定期的に交換する事が必要です。スタッドレスタイヤも同様にスリップサインがありますが、いくら山が残っていても雪上ではグリップしなくなる事がよくあり、夏用タイヤと同じように考えていると危険ですので注意が必要です。新品のスタッドレスタイヤは触ってみると非常に柔らかく出来ていて、これが雪をしっかりと掴み、滑らないようにグリップしてくれるのですが、気温が下がるとゴムが硬くなる普通のタイヤとは違い、かなり温度が下がってもゴムの柔らかさを維持してくれます。しかし、経年劣化が進むとその性能が落ち、気温の変化で夏用タイヤ同様硬くなってしまう様になります。そうなると雪の路面をきちんとグリップせず滑り出します。未使用のタイヤでも野外で保管しているとオゾン等の影響で劣化し、スタッドレスタイヤとしての効果が無くなることが多いですので、適切な保管方法を取ると良いでしょう。もちろん、数年使用したスタッドレスタイヤも同様に硬くなっていしますので、山が残っていても交換をしなくてはいけない場合が多いのです。常温時に押して柔らかさを測り、寒くなってもその柔らかさが維持できていれば良いのですが、シーズン前に専門業者さんにチェックしてもらうのが一番良いですね。

おすすめ記事一覧

タイヤ

冬の道路を安全に走行

タイヤは自動車ではとても大事な部品となりますが特にスタッドレスタイヤは冬場に活躍してくれるタイヤです。雪道や凍結した道路を安全に走行するのに役立タイヤです。良い効果を得るためにも交換の際は4輪ともすべて交換することも大切です。

詳しく見る

雪道

ゴムが固くなったら

見た目は問題なくても、効果が無くなるスタッドレスタイヤ。数年で信じられなくなる位食いつきが悪くなるのは、スタッドレスタイヤの山がなくなったのではなく、経年劣化で硬くなっってしまった事が原因の可能性が高い。

詳しく見る

男性

雪道でも安心

雪が降る地域ではスタッドレスタイヤが必須になっています。交通規制が掛かり、ノーマルタイヤでは通行出来ないからです。ノーマルタイヤよりも使える期間が短いことはデメリットですが、命を守るためには欠かせない存在です。

詳しく見る

玩具の車

雪道で滑らないために

少しでも雪が降る地域に住んでいるのなら、安全のために冬がきたらスタッドレスタイヤを装着しましょう。各メーカーが独自の技術でスタッドレスタイヤを作っているため、雪国に住んでいる方の意見を参考にして評判の良いものを購入することをオススメします。

詳しく見る