雪道でも安心

男性

冬の前に準備しよう

東北や北海道では冬になると大雪が降ります。また、東北や北海道でなくても、島根や鳥取など山陰地方でも冬になると雪が降って道は雪で見えなくなります。そのような地域では車を運転するのが大変です。雪の上を車が通るとスリップしてしまうのです。ブレーキも効きませんし、ハンドルを切っても曲がりたい方向に曲がれなくなります。そうなると、当然交通事故が起こってしまいます。その対策としてスタッドレスタイヤがあります。スタッドレスタイヤは雪道の上でもタイヤがスリップしにくいように特殊な加工がされているタイヤのことです。いろんなタイヤメーカーから発売されていて、値段も性能もバラバラです。スタッドレスタイヤでない普通のタイヤはノーマルタイヤだとか、サマータイヤと呼ばれますが、スタッドレスタイヤの方が高価格というのが普通です。サマータイヤに比べて高い事以外のデメリットとして、摩耗が早いことが挙げられます。サマータイヤは5年ぐらい使えますが、3年ぐらい使うとスリップサインといってタイヤの溝が減っていますというサインが出始めるため、短期間でタイヤを交換する必要があります。しかし、雪が降る地域では毎日のように降雪で一般道路が交通規制となってしまうことも毎年のようにありますので、スタッドレスタイヤは生活の必需品となっています。毎年、雪が降る前の時期になると、タイヤ販売店や車用品店にはタイヤ交換のために来店する客でいっぱいになります。

おすすめ記事一覧

タイヤ

冬の道路を安全に走行

タイヤは自動車ではとても大事な部品となりますが特にスタッドレスタイヤは冬場に活躍してくれるタイヤです。雪道や凍結した道路を安全に走行するのに役立タイヤです。良い効果を得るためにも交換の際は4輪ともすべて交換することも大切です。

詳しく見る

雪道

ゴムが固くなったら

見た目は問題なくても、効果が無くなるスタッドレスタイヤ。数年で信じられなくなる位食いつきが悪くなるのは、スタッドレスタイヤの山がなくなったのではなく、経年劣化で硬くなっってしまった事が原因の可能性が高い。

詳しく見る

男性

雪道でも安心

雪が降る地域ではスタッドレスタイヤが必須になっています。交通規制が掛かり、ノーマルタイヤでは通行出来ないからです。ノーマルタイヤよりも使える期間が短いことはデメリットですが、命を守るためには欠かせない存在です。

詳しく見る

玩具の車

雪道で滑らないために

少しでも雪が降る地域に住んでいるのなら、安全のために冬がきたらスタッドレスタイヤを装着しましょう。各メーカーが独自の技術でスタッドレスタイヤを作っているため、雪国に住んでいる方の意見を参考にして評判の良いものを購入することをオススメします。

詳しく見る